報道ブログハウス


by dash_fur307

広告宣伝は行わず密かに開業した「大人のTSUTAYA」という新業態 1/2

レンタルソフト店「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は12月5日、東京・代官山に商業施設「代官山T-SITE」をオープンした。約1万2000平方メートルの敷地に、「代官山蔦屋(つたや)書店」を中心として飲食店や専門店が立ち並ぶ。増田宗昭社長の資産管理会社が投資したもので、金額は明らかにしていないが、CCCにとっては「10年に1度の大規模な事業」(関係者)という。にもかかわらず、オープニングイベントを行わないどころか、対外的な公表もほとんど行っていない。後述するが、コンセプトは「大人のTSUTAYA」。それゆえ、若者を惹きつける賑わいを排し、メディアなどで人気スポットとして取り上げられないよう、細心の注意を払っている。なかでも「代官山蔦屋書店」は、色々な意味で常識を覆す店舗だ。まず、立地は東急東横線代官山駅から徒歩5分を要し、それほど足の便がいい場所とはいえない。また、外観はおよそ書店とは思えない洒落た作りで、目立つ看板はない(写真)。

ふくらはぎのむくみ・解消
骨盤矯正ダイエット効果
プロポリスの効能・効果
口内炎の治療法
ウコン 効能と効果
[PR]
by dash_fur307 | 2011-12-17 20:34 | 報道ブログハウス8